2019年8月21日(水)

アポロを超えて(下) 月探査、民間も挑む 機材輸送や車両に期待 政府との役割分担課題

2019/7/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

5月末、米航空宇宙局(NASA)は月着陸機を開発する民間企業3社と月に機材を運ぶ契約を結んだ。その一つ、オービットビヨンドは2020年9月までに4回、月の表側にある「雨の海」と呼ばれる場所に運ぶ予定で、契約総額は9700万ドル(約105億円)になる。残りのアストロボテックとインテュイティブマシンは21年7月までに、それぞれ14回と5回の輸送を予定する。

24年までに再び米国の宇宙飛行士を月に送る…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。