/

この記事は会員限定です

「国家を代表する最高指導者」 正恩氏、改憲で権威強化

外交権限を明確に規定

[有料会員限定]

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮が運営するウェブサイト「ネナラ(わが国)」は11日までに、4月の最高人民会議(国会に相当)で決定した改正憲法の全文を掲載した。金正恩(キム・ジョンウン)委員長が再任された国務委員長のポストを「最高指導者」から「国家を代表する最高指導者」と修正した。朝鮮人民軍が金正恩指導部を守る組織であることを明示するなど、権威強化を図った。

従来の北朝鮮憲法は外交権限の位置づけが曖昧だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り322文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン