サムスン、LSI製造に支障も 「非メモリー戦略」に影 感光材の対韓輸出規制が波及

2019/7/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ソウル=山田健一】日本政府の韓国への半導体材料の輸出規制を受け、韓国サムスン電子の非メモリー戦略に影響が出るとの見方が半導体業界に出ている。日本が規制する3品目の一つ「レジスト(感光材)」が、サムスンが今後の開発競争で優位に立つための最先端装置の稼働に支障をきたす恐れがあるためだ。

業界団体「韓国半導体産業協会」の安基鉉(アン・ギヒョン)常務は、日本が規制を強化した感光材について「光の波長をみ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]