/

この記事は会員限定です

日本の科技政策 検証を

日本工学アカデミー専務理事 永野博氏

[有料会員限定]

日本の科学技術の力が弱っており、背景には政策のまずさが指摘される。産学官の技術者や研究者で組織する日本工学アカデミーは優れた大学群の設置や研究費の多様化、博士課程の充実などを求めた緊急提言をまとめた。永野博専務理事は科学技術政策に対する第三者によるレビューが大切だと強調する。

日本工学アカデミーは1987年にできた。当時の日本経済の発展はめざましく「基礎研究ただ乗り論」が出るほど、科学技術を巡っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り588文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン