地銀株、買い広がらず 提携で明暗 収益悪化へ警戒強く

2019/7/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

10日の東京株式市場で地銀株が明暗を分けた。業務提携を発表した千葉銀行株と、横浜銀行を傘下に持つコンコルディア・フィナンシャルグループ株はいずれも上昇した。一方で、長引くマイナス金利で地銀の収益悪化に対する警戒感は根強く、下落する銘柄も目立った。再編の思惑による買いは広がらなかった。

10日は日経平均株価が反落するなか、千葉銀が4%高、コンコルディが1%高と逆行高になった。両行は事業承継など個人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]