/

この記事は会員限定です

英の駐米大使が辞任

トランプ氏を酷評「職務継続は困難」

[有料会員限定]

【ロンドン=中島裕介】トランプ米大統領を「無能」などと批判したとされるダロック駐米英大使は10日、職務を続けることが難しくなったとして辞任した。トランプ氏の批判が強まる中でも、メイ英政権は「大使の人事を決めるのは英政府だ」と留任させる方針だった。だがトランプ氏が「大使の相手はしない」などと非難し続ける状況を受けて、ダロック氏が自ら身を引いた。

ダロック氏は本国に送った公電などの中で、トランプ米政権...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り791文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン