取引先支援「伴走型」重要に

2019/7/11付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

人手不足や競争環境の激化などを背景に、中国地方の中小・零細企業の経営状況は厳しさを増している。信金・信組にとって取引先の本業支援や収益改善に向けた取り組みは、与信コストを抑えるだけでなく新たな資金需要の開拓にもつながる。

本業支援の一環で、外部の専門家の派遣に取り組む信金・信組は増えている。広島信用金庫(広島市)では中小企業庁が手掛ける企業向け支援サイト「ミラサポ」を活用し、中小企業診断士などの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]