FCVなどの事故対策で研修会

2019/7/11付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

新潟市は、水素ステーションや燃料電池車(FCV)で起こりうる水素ガスの漏洩や火災などの災害対策を強化する。17日に同市の消防局と8消防署を交えた消防職員向けの研修会を初めて開催する。座学や現地研修を通じて、水素の性質や危険性…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]