中高一貫校と東京一極集中

2019/7/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

◆夏休みにかけて中学生向けの高校説明会が本格化する中、首都圏で高校受験の選択肢が狭まりつつある。東京都立の中高一貫校のうち高校から入れる両国高校など5校が応募が少ないとして2~3年後に高校募集をやめる。「十五の春は泣かせない」と公立高校の門戸を広げた蜷川虎三京都府知事の母校は今の両国高校。様変わりする高校入試をどうみるだろうか。

◆都内では私立の中高一貫校も中学入学への一本化に動く。高校からの生徒は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]