半導体製造装置 世界販売18%減 今年見通し 4年ぶりマイナス

2019/7/10付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【シリコンバレー=佐藤浩実】国際半導体製造装置材料協会(SEMI)は9日、半導体製造装置の2019年の世界販売額が前年比18%減の527億ドル(約5兆7380億円)になるとの見通しを発表した。メモリー市況の悪化や米中貿易摩擦を受けて半導体メーカーが設備投資を抑えており、18年末の予想(596億ドル)から引き下げた。マイナスは4年ぶりで、半導体市場の減速が鮮明になってきた。

スマートフォンやデータ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]