横浜銀と千葉銀が包括提携 効果・スピード課題

2019/7/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

横浜銀行と千葉銀行が営業面で業務提携するのは、単独では顧客が求めるサービスの提供に限界があるからだ。事業承継やM&A(合併・買収)の仲介など企業が銀行に求めるニーズは多様化し、融資で資金需要を満たすだけでは取引先をつなぎ留められない。強みや情報を持ち寄り、金融サービスの高度化につなげる狙い。金融は新興勢力の台頭が著しいだけに、提携の質やスピードが問われる。(1面参照

今回の提携は経営統合を前提…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]