/

この記事は会員限定です

横浜銀と千葉銀が包括提携 効果・スピード課題

[有料会員限定]

横浜銀行と千葉銀行が営業面で業務提携するのは、単独では顧客が求めるサービスの提供に限界があるからだ。事業承継やM&A(合併・買収)の仲介など企業が銀行に求めるニーズは多様化し、融資で資金需要を満たすだけでは取引先をつなぎ留められない。強みや情報を持ち寄り、金融サービスの高度化につなげる狙い。金融は新興勢力の台頭が著しいだけに、提携の質やスピードが問われる。(1面参照

今回の提携は経営統合を前提に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り302文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン