/

この記事は会員限定です

TKP、J1大分の筆頭株主に エンタメ拠点、大分で提供

試合観覧や起業支援

[有料会員限定]

サッカーJ1の「大分トリニータ」を運営する大分フットボールクラブ(FC、大分市)は貸会議室大手のティーケーピー(TKP)と資本提携した。出資額は非公表だが、1億円前後とみられる。TKPはスポーツを通じ、地域に根ざしたエンターテインメント作りに取り組む。シェアオフィスなど自社事業との相乗効果も狙う。

6月21日付で同社の発行済み株式の20%を取得し、筆頭株主となった。出資に伴い、大分市出身で、TKP社長の河野貴輝...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り579文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン