/

この記事は会員限定です

給油所、再編で利ざや1.8倍

3年で、安売り競争一服 原油相場の影響薄れる

[有料会員限定]

ガソリンスタンドの価格競争が一服している。日本経済新聞が販売価格から仕入れ価格を引いた利ざやを推計したところ、5月に1リットルあたり15円となり、3年間で1.8倍となった。元売りの再編が進み、スタンドや生産能力が減ったためだ。ガソリンの需要は今後も減る見込み。給油所はつかの間の経営安定期にどう手を打つかが課題となる。

資源エネルギー庁が公表するガソリン販売価格などのデータから利ざやをはじくと、20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1030文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン