2019年8月26日(月)

半導体の不振、サムスン直撃 4~6月、営業益56%減 DRAM、1年で6割安

2019/7/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ソウル=山田健一】韓国サムスン電子の業績が低迷している。5日発表した2019年4~6月期の連結営業利益は半減した。大幅減益は主力の半導体部門の不振が理由だ。スマートフォン向けの販売が振るわず、半導体価格の下げが響く。積極投資が裏目に出たほか、日本の対韓輸出規制で生産面のリスクを抱える。19年に半導体の世界首位の座を米インテルに譲る可能性も出てきた。

4~6月期の連結営業利益(速報値)は6兆5千…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。