/

この記事は会員限定です

「電動1人乗り」多彩に

低速・短距離、高齢者使いやすく/利便性・規制のバランス課題

[有料会員限定]

1人乗りの小型の電動移動手段「パーソナルモビリティー」が増えてきた。トヨタ自動車パナソニックのほか新興企業が「電動キックボード」などを展開する。最高時速20キロメートル前後と低速で、高齢者らでも短距離の移動に使いやすい。複数の交通手段を組み合わせる次世代移動サービスMaaS(マース)をにらんだ実証実験が相次いでいる。

3日、東京・霞が関の経済産業省で開かれた小型モビリティーの展示・試乗会。トヨタは時速2~10キロメート...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り969文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン