細胞培養技術 細胞を人工的に増やす

2019/7/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

生体から取り出した細胞を専用の容器内で人工的に増やす方法を指す。iPS細胞や胚性幹細胞(ES細胞)の増殖や、これらを基に作る臓器や組織を育てるときに使う。京都大学の山中伸弥教授が2006年にマウスでiPS細胞を開発したのを機に研究が加速した。

培養した細胞や組織は再生医療に利用できる。ただ多数…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]