労働環境の整備不可欠

2019/7/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「ギグワーキング」は柔軟で多様な働き方につながると注目される一方、海外では所得格差を増すといった批判も出ている。本格普及には社会保障などセーフティーネットの拡充が欠かせない。

デロイトトーマツグループによるミレニアル世代(1983~94年生まれ)を対象にした意識調査。単発でのギグワーキングをフルタイムの仕事の代わりにしてもいいという若者は日本では25%と、世界平均(56%)との差が目立った。足元…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]