東京の特養、迫る大量改築
老いる施設、受け皿確保の動き

2019/7/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京都内で特別養護老人ホームの老朽化が課題になり始めた。2018年度末時点で築30年以上の特養が約100カ所ある一方、うち6割で改築のめどが立たないためだ。老朽施設の改修を進めるため、都内の自治体は入所者の一時的な受け皿環境の確保に動き出した。分譲マンションやインフラに次ぎ、高齢者施設の"老い"が東京に迫ってきた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]