2019年7月17日(水)

十字路メキシコとグリンゴ

2019/7/9付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

グリンゴと聞いて晩年の手塚治虫氏の作品を思い浮かべる読者も多いと思うが、本来はスペイン語で「よそ者」を意味するスラングである。先日訪問したメキシコではアメリカ人(特に白人)を小ばかにするニュアンスもあるらしく、この国の複雑な対米感情を表す言葉にも聞こえた。

折しもアンドレス・マヌエル・ロペスオブラドール(通称アムロ)新大統領は6月の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に不参加を表明してい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。