新暗号技術 23年に採用 政府、量子計算機の解読に対抗

2019/7/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府は2023年をめどに中央省庁のデータのやりとりなどに新たな暗号技術を採用する。近い将来に実用化が見込まれる高性能の量子コンピューターでも解読が難しい暗号を使い、機密情報が海外などに漏れるのを防ぐ。総務省と経済産業省が検討会を立ち上げ、有効な技術を調べ始めた。金融機関など民間企業も政府が採用する暗号を参考にする見通しだ。

政府は機密データの保存や通信の際に暗号をかける。安全性の高い暗号技術を0…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]