/

この記事は会員限定です

(社説)難題背負う次期ECB総裁

[有料会員限定]

欧州連合(EU)は、次の欧州中央銀行(ECB)総裁にフランスのラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事、欧州委員長にドイツのフォンデアライエン国防相を指名した。

この人事を決めるEU首脳会議は調整が難航し、予定を2日延長し、土壇場でともに当初想定されていなかった女性を起用することを決めた。マクロン仏大統領が提案し、メルケル独首相が受け入れる仏独主導で決着した。

10月末に8年の任期を終えるドラギ総裁...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り584文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン