/

この記事は会員限定です

〈ヒットのクスリ〉「フラリーマン」はどこへ

家飲み本格派じわり

[有料会員限定]

ラーメン店「日高屋」を展開するハイデイ日高の最近の業績を見て「おや」と思った。3~5月の既存店客数は3~5%のマイナスで、同時期の決算も芳しくない。働き方改革を背景にちょい飲みに強い日高屋はもっと集客を増やすと考えていたのに、なぜ?

同社が2018年4月に実施した値上げの影響も残っている。そこで今年3月に生ビールの1杯目の値段を330円から290円に値下げしたが、効果は薄い。ハイデイ日高によると「確かに残業も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り994文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン