2019年7月22日(月)

鑑賞術吹替映画の変遷史(1)とり・みき
試行錯誤の時代 テレビが「声」の需要生む

2019/7/3付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

外国人俳優のせりふを日本語で演じる吹替(ふきかえ)映画が人気だ。字幕とはひと味違う魅力や歴史を吹替映画を愛するとり・みきさんに紹介してもらう。

「吹替映画が人気」と聞くとテレビ版の吹替がオリジナルより不当に低く見られていた時代からその応援をしてきた身には、なんとも不思議な気持ちになる。

確かに現在、シネコン用に多くの劇場用吹替版が作られ客は選択観覧が可能になった。その状況は素直に喜びたい。一方で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。