/

この記事は会員限定です

不正時の報酬返還提案に過半の賛成 武田、統治に厳しい目

[有料会員限定]

武田薬品工業が6月27日に開いた株主総会で、巨額損失の発生や不正の発覚時に取締役に過去の報酬を返還させる「クローバック条項」を導入する株主提案が過半の賛成を得ていた。2日に武田が開示した臨時報告書でわかった。この提案は定款変更を伴い出席株主の3分の2以上の賛成が必要な特別決議のため否決されたが武田のガバナンス(企業統治)に対する投資家の厳しい視線が浮き彫りになった。

「クローバック条項」を導入する株主提案への...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り533文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン