/

この記事は会員限定です

グローバル時代の子 英語どう学ぶ 言葉の使い方に意識を

慶応大学環境情報学部教授 今井むつみさん 探求心がセンス磨く

[有料会員限定]

英語ができれば活躍の場は世界に広がる。グローバル時代の子どもたちに、英語をどのように学ばせるとよいか。人が言葉を学ぶ過程を研究している慶応義塾大学の今井むつみ教授の助言を、日経BPの共働き世帯向け情報サイト「日経DUAL」から紹介する。

英語学習では「スキル」と「センス」の両方を身に付けることが必要だ。日本では単語をたくさん覚える、文法的に正しく書く、正しい発音で話すといったスキルが重視されている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1651文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン