半導体装置再編、ためらう日本勢
SCREENは断念 米アプライド、旧日立系買収を発表

2019/7/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

半導体製造装置で世界首位の米アプライドマテリアルズ(AMAT)は1日、旧日立製作所系のKOKUSAI ELECTRIC(東京・千代田)を買収すると発表した。投資ファンドから22億ドル(約2380億円)で全株式を取得する。次世代通信規格「5G」や人工知能(AI)で半導体需要が拡大するのに合わせ、装置メーカーの研究開発費も膨らむ。世界大手が再編に乗り出すなか、SCREENホールディングスが買収を断念…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]