/

この記事は会員限定です

REIT 活況とひずみ(下) 国内14兆円市場、発展継続のカギは

[有料会員限定]

時価総額が14兆円を超えた日本の不動産投資信託(REIT)市場。持続的に発展するための課題は何か。東京証券取引所でREITや企業の上場推進や市場振興を担当する横田雅之氏と、日本で積極的に不動産投資をする大手ファンド、ブラックストーン・グループ・ジャパンの橘田大輔氏に聞いた。

数追わず質向上に的 東京証券取引所上場推進部長 横田雅之氏

――現在のREIT市場をどう見ますか。

「当初は大手不動産会社が1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1200文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン