/

この記事は会員限定です

訪日客・高齢者回帰、地価上昇に追い風

19年路線価、沖縄伸び率首位

[有料会員限定]

訪日外国人の増加と高齢者の都市部への回帰が地方の地価を下支えしている。国税庁が1日発表した2019年分(1月1日時点)の路線価によると、訪日客に人気がある沖縄県などの地価が上がり、地方でも高齢者が戻り始めた中心地での回復が目立った。資産価格の動きは消費も左右する。持続的な上昇には、経済の構造変化に合わせた街づくりが欠かせない。

全国平均の路線価は前年比1.3%上がり、4年連続で上昇。上昇率はこの4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1021文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン