三保の松原 保全へタッグ 県・静岡市と地元3社の団体発足 病害虫防除や苗木植え付け

2019/7/2付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

富士山の構成遺産として世界文化遺産に登録されている三保の松原(静岡市)を保全する団体「一般財団法人三保松原保全研究所」が1日、発足した。静岡市、静岡県とはごろもフーズ、鈴与、清水銀行の地元企業3社が出資した。病害虫の防除や新しい苗木の植え付け、土壌改良などで協力する。保全活動に統一性を持たせ、官民が役割分担して名所を守る。

同日の総会後の記者会見で、代表理事に就任したはごろもフーズの後藤康雄会長…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]