/

この記事は会員限定です

1日、改正相続法が施行

「争続」防止、手続き簡素化

[有料会員限定]

民法の相続に関する規定(相続法)が約40年ぶりに大きく変わり、そのうちいくつか重要な変更点が7月1日施行される。義理の親に対する嫁の介護に報いる仕組みや、必要なお金を故人の預金口座から引き出しやすくする制度が始まる。遺族に保障される最低限の取り分(遺留分)も見直される。遺産を巡る争いを減らし、相続時の手続き負担を和らげるのに一定の効果が期待できる。

相続法は2018年7月に改正された。変更点は多...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1328文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン