/

この記事は会員限定です

「7月商戦」既存小売りの攻勢

[有料会員限定]

28日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日ぶりに反発し、6月の上げ幅は1784ドルと月間で史上最大だった。大幅高の立役者は米中貿易交渉の進展と米連邦準備理事会(FRB)の早期利下げへの期待だ。2019年前半の好調が今後も続くのか市場関係者の関心が高まるなか、7月には米連邦公開市場委員会(FOMC)や主要企業の決算発表を迎える。その7月に市場参加者が注目するもうひとつのイベントが、アマゾン・ドッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1095文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン