国循「健都」に1日移転 帝人など13社と共同研究 薬や医療機器 幅広く開発

2019/6/29付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

脳卒中や心臓血管病など循環器病の高度専門病院の国立循環器病研究センター(国循)が7月1日、大阪府吹田市の北部から同市と摂津市にまたがる北大阪健康医療都市(健都)に移る。新施設の目玉が共同研究拠点で、帝人やコニカミノルタなど13社と1大学の入居が決まった。最先端治療を手がける医師と一つ屋根の下で、新薬や医療機器などの開発を本格化させる。

大阪駅からJR京都線で12分。岸辺駅の前にある地上10階建て…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]