/

この記事は会員限定です

認知症薬「脳を掃除」に注目

グリア細胞、老廃物を除去 新発想で開発停滞打破へ

[有料会員限定]

患者数の多さと治療の難しさから、アルツハイマー病は現代医学で最も厄介な病といえる。世界の大手製薬会社が次々と新薬開発の臨床試験(治験)でつまずき、長年、脳にたまる老廃物が原因とみてきた「アミロイド仮説」が揺らぐ。こんな中、脳を守る「グリア細胞」を攻略する新たな発想が注目されている。治療の突破口になるのか期待がかかる。

脳は神経細胞(ニューロン)とグリア細胞、そして血管からできている。1000億個以...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1532文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン