「日本式」をアジアへ

2019/7/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国内で国際仲裁が活性化すれば、日本的な司法手続きがアジアに広がることにもつながる。海外での紛争解決に長期的な利点が期待できる。

日本商事仲裁協会(JCAA)は1月、3つの規則を施行した。(1)従来の規則の改定版(2)国際仲裁で広く使われる仲裁機関を定めない「アドホック」仲裁の規則(3)インタラクティヴ仲裁規則――から当事者が選べるようになった。

注目されるのが新たに加わった(3)だ。手続きの早い…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]