/

この記事は会員限定です

「日本式」をアジアへ

[有料会員限定]

国内で国際仲裁が活性化すれば、日本的な司法手続きがアジアに広がることにもつながる。海外での紛争解決に長期的な利点が期待できる。

日本商事仲裁協会(JCAA)は1月、3つの規則を施行した。(1)従来の規則の改定版(2)国際仲裁で広く使われる仲裁機関を定めない「アドホック」仲裁の規則(3)インタラクティヴ仲裁規則――から当事者が選べるようになった。

注目されるのが新たに加わった(3)だ。手続きの早い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り326文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン