/

この記事は会員限定です

<コロナで変わる医療>遠隔診療、普及なお遅く

インテグリティ・ヘルスケア会長 医療法人社団鉄祐会理事長 武藤真祐氏

[有料会員限定]

日本社会に大きな爪痕を残した新型コロナウイルス禍は医療界にも不可逆の構造変化を迫った。影響は感染症分野にとどまらない。医療提供体制の見直しやIT(情報技術)活用なども必要だ。国内外の医師や元厚生労働省幹部らに教訓と課題を尋ねた。

遠隔診療の普及は進んでいない。オンライン診療を届け出た医療機関は1万6000件程度で、昨年6月以降あまり増えていない。電話診療も含む数だ。実際に活用する医療機関は1%未満...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り562文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン