/

この記事は会員限定です

クラシック演奏 事典に

研究・教育へデータベース化 愛好家開拓にも期待

[有料会員限定]

クラシック音楽の録音や演奏記録などをアーカイブ化し、教育や研究に活用する動きが広がっている。娯楽の多様化や少子化で愛好者数が減る中、音楽家や研究者に加え音楽を学ぶ若年層まで、幅広く関心を集めるための方策だ。

6月14日、東京・巣鴨の東音ホールで若手ピアニストの菅原望、鯛中卓也、鈴木鞠奈の演奏会が開かれた。テーマは「左手作品」。ブラームス「左手のためのシャコンヌ」、スクリャービン「プレリュードとノク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1383文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン