/

この記事は会員限定です

ラグビーW杯まで3カ月 熱闘を支える(下)

海外勢にも快適な環境 世話役「リエゾン」チーム同行

[有料会員限定]

「そっちの人はどんな食べ物を好むの?」「ラグビー好きは多いかな」

今年1月。兵庫県に住む英語非常勤講師の赤松魁さん(23)はインターネット上でジョージア(グルジア)在住の米国人男性と知り合い、通話ソフトを使って現地の文化や食習慣などについてあれこれ尋ねた。

かつてソ連に属し、7千キロ以上離れた小さな国のことはほとんど知らない。ネットでつながった友人は親切だった。ジョージアでのラグビー人気の背景には...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り857文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン