/

この記事は会員限定です

浜松いわた信金、合理化急ぐ

新産業創出や事業承継支援、合併効果 生み出す

[有料会員限定]

1月に合併で誕生した浜松いわた信用金庫(浜松市)が合併効果を早く生み出そうと合理化を進めている。早々に店舗網の統廃合に着手し、効率化で捻出した経営資源により新産業創出や事業承継を支援して資金需要を掘り起こす。人口減や低金利で金融機関の経営環境が厳しさを増すなか、中長期で資金需要を生み出す新たな経営モデル作りに挑む。

浜松いわた信金の母体となった旧浜松信用金庫(浜松市)と旧磐田信用金庫(静岡県磐田市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1056文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン