/

この記事は会員限定です

REIT 活況とひずみ(上)14兆円市場 日銀が支え

地銀も追随、価格かさ上げ

[有料会員限定]

不動産投資信託(REIT)市場が膨らんでいる。市場創設から20年弱で銘柄は60を超え、時価総額は14兆円を突破。米国に次ぐ世界2位で、東証1部の不動産業の時価総額を上回る規模となった市場には内外のマネーが流入する。ただ、市場拡大を後押ししてきた日銀の買い入れが長引くにつれ、市場にはひずみも生まれている。

「REITに投資したい。どれを買ったらいいのか」。モルガン・スタンレーMUFG証券の竹村淳郎氏のも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1218文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン