石原信雄(25) コメ市場開放 農水次官、国益計る大局観 大蔵省は「国民福祉税」勇み足

2019/6/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

細川内閣が重い決断を強いられたのがコメの市場開放問題である。貿易自由化を話し合うガットのウルグアイ・ラウンドは1991年(平成3年)12月に「例外なき関税化」を打ち出し、日本は93年中にコメの関税化を受け入れるよう迫られていた。

背景にはカリフォルニア米を輸出したい米国の強い圧力があった。だが関税化は全面的な輸入自由化につながるとして農林族議員は「一粒たりとも輸入は認めない」と強硬に反対、農水省…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]