/

この記事は会員限定です

実刑確定者収容、検察の体制不備

神奈川逃走、4カ月拘束免れ 執行逃れで法整備求める声

[有料会員限定]

窃盗罪などで実刑が確定し、横浜地検が収容しようとした無職、小林誠容疑者(43)が逃走した事件では、同容疑者が実刑確定から4カ月にわたって拘束を免れていたことが明らかになった。刑事施設への収容を巡る検察の体制の不備に批判が集まり、専門家からは刑の執行逃れを罰する法整備を求める声も上がる。

「こういう事案を発生させ本当に痛恨の極み。職員に危機管理の徹底を指導している」。横浜地検の中原亮一検事正は24日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1059文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン