/

この記事は会員限定です

三菱重工が複合発電 太陽光・電池・ガスで最適化

無電化地域に

[有料会員限定]

三菱重工業は24日、再生可能エネルギーを安定的に活用できる発電設備を開発し、2019年度中にもアフリカなどの無電化地域向けに発売すると発表した。太陽光と蓄電池に加え、ガスや石油製品で動かす発電施設を組み合わせた「トリプルハイブリッド」と呼ぶ形式で、天候などにより発電量が左右される太陽光の弱点を補う。アフリカや東南アジアの島しょ部などへの普及を狙う。

独自の制御システムを使うことで、太...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン