/

この記事は会員限定です

中部地銀 新頭取に聞く 本業で黒字トレンド作る

愛知銀行 伊藤行記氏

[有料会員限定]

中部地方は地方銀行8行がひしめく激戦区だ。2019年度は大垣共立銀行愛知銀行の頭取が交代した。歴史的な低金利や金融とIT(情報技術)が融合したフィンテックへの対応など課題が山積するなか、どうかじを取るのか。新頭取に今後の方針などを聞いた。

――自行の課題は。

「収益力の強化だ。貸出金利が下がるなか、有価証券の利息や配当に頼ることが多かった。今後は利率の高い国債が大量償還になり、有価証券で得る利益は大幅に減る。貸出金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り570文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン