/

この記事は会員限定です

純利益10億円「安定的に」

島田掛川信金が発足、5カ年計画 地元企業の課題解決 重点

[有料会員限定]

掛川信用金庫(静岡県掛川市)と島田信用金庫(同県島田市)が24日合併し、島田掛川信用金庫(掛川市)が発足した。同日発表した5カ年の中期経営計画は、純利益10億円を安定的に維持する目標を掲げた。市川公会長と伊藤勝英理事長はそろって記者会見し、地元企業の課題解決に重点を置いた営業活動や業務運営の効率化を進めていくと強調した。

2019年3月末の預金残高は掛川信金と島田信金の合算で9125億円、貸出金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り879文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン