/

この記事は会員限定です

<「老後2000万円」問われるものは>若いうちに投資教育を

レオス・キャピタルワークス社長 藤野英人氏

[有料会員限定]

――「ひふみ投信」を運営し長期の投資を推奨しています。「老後に2000万円の金融資産が必要」としたことに焦点があたった金融庁の報告書とその後の議論をどう見ていますか。

「日本では若いうちに経済について学ぶ機会が乏しく、年金の仕組みに関する理解も広まっていないと感じている。(老後資金の問題について)正面から向き合う機会も少ないのではないか」

「医療が発達したおかげで多くの人が長生きできるようになった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り738文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン