2019年7月16日(火)

月曜経済観測米金融緩和どこまで 不況時、対応余地乏しく ハーバード大教授 ジェームズ・ストック氏

2019/6/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米金融政策を巡る議論が活発化している。政策金利が歴史的に低い中で利下げ観測が強まっているが、金融緩和の余地はどこまであるのか。4~5日に米連邦準備理事会(FRB)が開いた会議に出席したハーバード大のジェームズ・ストック教授に聞いた。

――FRBが金融政策の枠組みを見直しています。

「政策金利が低い中で、次の景気後退が訪れたときにどう対処するかは重たい課題だ。6月のシカゴでの会議は公開の場で包括的…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。