メガバンカーズ(5) 変化、適応から創出へ みずほ、区切りの巨額損失

2019/6/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

みずほフィナンシャルグループ(FG)の歴史は1999年8月、第一勧業銀行と富士銀行、日本興業銀行が経営統合を発表して始まった。「メガバンク時代」はここに幕を開けた。

だがその後、みずほは規模で三菱UFJフィナンシャル・グループと三井住友フィナンシャルグループに抜かれた。元祖メガバンクは遅れを取り戻すため動き出そうとしている。

3月6日、みずほの経営陣は一つの区切りをつけた。「個人向けサービスのシ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]