坂井修一 フェイクニュースへの対策 ネット社会賢い運用が必要

2019/6/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

時代のせいか、トシとったせいか、コンピューター学者と歌人を両方やっているせいか、「これからの情報社会をどんなものにしていけばいいのか」といった大テーマの議論に参加することが増えた。

1990年代半ばのパソコンの普及にはじまって、ネットショップ、検索エンジン、スマホ、SNS、さらには自動運転、遠隔医療、介護ロボット。情報社会の進展はとどまるところを知らない。ここ20年ほどで、地球が別の星になったよ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]