/

この記事は会員限定です

出版界にフェミニズムの風

声あげる女性の動きに呼応

[有料会員限定]

韓国発のフェミニズム小説『82年生まれ、キム・ジヨン』(筑摩書房)が翻訳出版物としても、この分野の小説としても異例の注目を集めたのは記憶に新しい。6月現在、9刷13万部に上る。刊行と同じ昨年12月、東京ではフェミニズム専門出版社が立ち上がった。河出書房新社の編集者だった松尾亜紀子氏が設立したエトセトラブックスだ。

「これまでもフェミニズムに関する本を作ってきた。書店とも読者ともより近いところで、ス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り721文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン