/

この記事は会員限定です

<法トーク>アジアで知財係争 対策を

弁護士 小野寺良文氏

[有料会員限定]

世界の技術覇権争いが激しくなり、知的財産を巡る攻防が世界に広がっている。小野寺良文弁護士は「日本でも知財や司法のグローバル戦略の強化が欠かせない」と訴える。知財保護のさらなるインフラ整備は喫緊の課題だ。

中国は近年、「技術力を高め、世界中の特許登録を席巻している」と小野寺氏。知財分野を巡る損害賠償額の水準を上げるなど、知財強国と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り166文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン